骨折

日常生活を送っていると大なり小なりケガをします。大きなケガは頻度こそ多くはありませんが治るまでに時間もかかり生活が不便になる確率が高くなります。逆に小さなケガは頻度は多くても治るまでの時間も比較的短く生活がそこまで不便になることは少ないです。

大きなケガといったら何が思い浮かぶでしょうか。骨折や脱臼・皮膚を縫う必要がある損傷などや入院を必要とするものになってくるのではないかと思います。

整骨院では骨折や脱臼も取り扱うことができるので、今回は骨折について紹介をしていきます。

骨折は骨が折れることをいいます。また、骨にヒビが入った場合は不全骨折といいます。つまり、骨の連続性が断たれた時に骨折または不全骨折と呼びます。

ここからは便宜上、骨折と不全骨折をまとめて骨折とします。骨折をしてしまう原因は大きく3つに分けることができます。

□外傷骨折 骨に外力が加わって起こる骨折

□疲労骨折 繰り返し外力が加わり骨が疲労を起こして発生する骨折

□病的骨折 何かしらの疾患を抱えていることで骨自体が弱くなってしまい。骨が正常な状態でないために起こる骨折

年齢や環境によって身近に感じる骨折の分類は変わってきます。外傷骨折は日常生活の中で誰にでも起こり得る可能性があります。疲労骨折はスポーツを日々、継続して行っている人に起こりやすい。病的骨折は骨肉腫や転移性骨腫瘍などがあると起こりやすい。このあたりが各骨折の特徴になります。

もし、骨折をしてしまったと思ったらどうしたいいのか。骨折をしているのかを確認してもらわないと骨折をしていた場合、放っておくと骨折したまま元に戻らなくなってしまうかもしれません。そうすると後遺症が残り生活を送ることが不便になってしまうので、整形外科にいきましょう。もし、時間外だった時は、ほねつぎ・接骨院・整骨院の看板を出している場所では初回の応急処置は可能です。こちらは探せば夜間や日曜・祝日でも営業している店舗は意外とあります。

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.04.23

    挑戦の報告
  2. 2024.04.22

    痛みとは
PAGE TOP