腰痛を改善したい

年代を問わず腰痛で悩んでいる方が最近特に増えているようです。
一口に腰痛といっても、原因や症状は様々です。

腰痛症

腰のこわばり、重だるさ、鈍い痛みがあるので、レントゲン等の検査をしても特に異常が見つかりません。
原因として考えられるのは、普段の悪い姿勢により筋肉に負担がかかってしまっていることです。前かがみの姿勢がつらい方はデスクワークの方が多く、逆に反りかえりがつらい方はスポーツで痛めた方が多いです。
いずれも筋肉の柔軟性を高めることで改善が見込めます。無理せず筋肉をやわらげましょう。

ぎっくり腰

突然、腰に激痛が走り、そのまま身動きが取れなくなる方が多い『ぎっくり腰』。
直接的な原因として、筋肉や靭帯が急に引き伸ばされたことや、椎間板が靭帯を圧迫したこと等が考えられますが、日頃の過労の蓄積が腰に来たとも考えられます。
素直に楽な姿勢で(えびの様に丸くなって)患部を冷やして休むことが大切です。お風呂や湿布で温める方がいますが、温めることは厳禁です。あまり冷やし続けると血行が悪くなって治りづらくなりますので、患部の熱が引いたら自然のままにしましょう。

すべり症

成長中の椎間関節が、激しいスポーツ等の影響でなる『腰椎分離すべり症』と、中高年に多くみられる、過齢で椎間板や靭帯の強度が低下し、腰椎の一部がずれてしまった『腰椎変性すべり症』があります。
身体を動かすたびに骨や筋肉で神経が刺激され、腰や足に痛みや痺れが出ます。しばらくは安静にして、痛みが落ち着いたら腹筋や背筋を鍛えることをおすすめします。

腰椎 椎間板ヘルニア
【症状や特徴】
  • 上向きに寝て片脚をあげると、脚がピーンと痛くなる
  • どちらかというと腰よりも脚(足)に痛みや痺れが出やすい
  • 片方の脚に症状が出る
  • 足の指に力が入らない、甲側に曲げられない
  • 爪先立ちができない
  • 前屈が辛い
  • 咳やくしゃみで痛みが増す
  • 夕方に症状が重くなる
  • 若い方(20代、30代)に多いが、40代、50代にも多い
  • 座っていても(腰掛けていても)痛みがでる

椎間板(クッション)が飛び出し、神経を圧迫することで痛みが出ます。

レントゲン等でヘルニアと診断されても痛みが出ない人もいれば、知らない内に椎間板が元に戻っていることもあります。
まずは腰に負担をかけない姿勢や動きを心がけましょう。身体の冷えや疲労、睡眠不足、ストレスには特に注意してください。

身体が硬いと、腰痛になりやすい?

どのタイプの腰痛であっても、お身体が硬い方に腰痛持ちの方が多いように感じています。
筋肉に弾力性が無くなると、神経や血管を圧迫してしまうため、腰周りに負担がかかってしまいます。まずは筋肉を柔軟にすることが一番大切です。
背中や肩周りや太ももの後ろ側、ふくらはぎ、アキレス腱を伸ばしたり、足首をやわらかくしたり、足の指運動等もおすすめです。
ストレッチが苦手でお一人で上手にできない方は当院へお越しください。痛みが出ないように様子を見ながらお身体を伸ばしていきます。

ご予約・ご相談はコチラ

045-625-1510(予約優先制)

【受付時間】
午前の部:9:00~13:00
午後の部:15:00~20:00(土曜日・祝日は18:00まで)
休診:日曜日
※初めての方は最終受付の30分前までにご来院ください。
【駐車場】
専用駐車場はございませんが、当院前の本牧通りは11:00~15:00まで駐車可になっております。
※小港交差点から麦田のトンネル入り口となります。
※駐輪所はご用意しております。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2021.09.02

    ダイエット
  2. 2021.09.01

    めまい
  3. 2021.08.31

    頭痛②
  4. 2021.08.30

    頭痛
PAGE TOP