交通事故に遭ったらどうする

人生で交通事故に遭うことはなかなかないので、個人で行動している時に不幸にも交通事故に遭ってしまった時に「何をすればいいのか」知らない人は少なくありません。また、交通事故に遭うと身体を痛めてしまうことあります。そうすると治療をしたい思うでしょう。

このような時のために、流れを把握しておきましょう。

交通事故に巻き込まれてしまった時は、軽いパニックなどを起こしているかもしれないので、まずは落ち着きましょう。

□警察に連絡をする 「110」します。たしか事故か事件かを聞かれるので事故と返答します。そのあとは、質問に落ち着いて答えていきましょう。

□事故現場状況を記録しておく 警察がきて事故現場の記録はしますが、自分でもできる限り記録を残しておきます。損害賠償請求で大切なものだからです。いまならスマホの動画を利用して周辺のもの撮っておきましょう。余裕があれば写真も撮り、付随したメモを残しておけるとなおいいと思います。

□相手の連絡先などは残しておく 車を運転していた加害者側運転手の「住所」「氏名」「年齢」「連絡先」「車のナンバー」「強制保険」「加入している任意保険会社名」は必ず確認しましょう。もしも、相手が非協力的な場合は自動車のナンバーは写真に残しておきましょう。

□加入している保険会社に連絡

□目撃者の確保 目撃者が見つかった場合、その人の住所、氏名、連絡先を必ず聞いておくのがベスト。事件当事者と利害関係のない第三者の証人は警察や保険会社に信用されることが多くなるようです。

□病院を受診する 事故直後は身体が興奮状態で痛みを感じていなくても、後々、痛みが出てくることは多いので必ず受診しておきましょう。

□交通事故証明書の交付を受ける

上から順番にここまで出来ればほぼ問題なく事が進んでいくようです。

ただ、時間はそれなりにかかるようです。

通院が必要な場合は、相手の保険会社に通院することを伝えましょう。

はじめは整形外科で診断を受けます。そのまま、治療するために通います。しかし、受付時間に間に合わないなど理由があるれば整骨院でも診断を受けている部位については施術を受けることが可能なのです。

このような事があれば、お気軽にお問い合わせください。

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.04.23

    挑戦の報告
  2. 2024.04.22

    痛みとは
PAGE TOP