こんな使い方もあるEMS

体を動かしましょう・体を鍛えましょうなど体力を維持するために盛んに耳する言葉ではないでしょうか。

筋肉は年齢にかかわらず、動かしていないと衰えていきます。10代や20代の人達でも骨折などのケガでギプス固定をするとギプスを巻いたばかりの時は隙間がないのに時間が経つと隙間ができてきます。これは筋肉を動かせないことによって筋肉が痩せてきているからです。経験した人はよく分かると思います。

そして、筋肉が衰えていくのは想像している早いです。年齢を重ねていくと普通に生活をしているだけでは30代を境に筋力は年々衰えていくといわれてます。

そして、年齢が高くなるほど衰えていくスピードと量が加速していきます。

だからこそ、年齢が若いうちから体を動かす習慣を身に付けておいたほうがいい理由になります。

筋力が衰えてから運動を始めるよりも、筋力もあって軽快に動けるうちから始めているほうがハードルがさがります。

場合によっては、若い頃は動いていたけれど、途中は運動から遠ざかってしまった人やもともと動いていない人もいるでしょう。

それでも健康のことを考えた時は、どこかのタイミングで運動をしたほうがいいのですが、体力が衰えていて動くことが難しいなというときはEMSを運動するための体作りに使用することはひとつの手段になると考えています。

今まで運動していなかった人が、急に運動を開始すると体が動かなくてケガをしてしまったり、息があがって苦しくなったりすることが理由になり、続かないということは少なくありません。

そこでEMSを使って体を支えるインナーマッスルに刺激を入れて上手く使えていなかった筋肉をよみがえらせて使えるようしていきます。

インナーマッスルを使えていなかった人ほど効果が高くなります。

今までよりも使えるようになったインナーマッスルは体の安定性に役に立つので、やっていなかった運動を始めた時に楽しく運動をできる可能性が高くなります。

EMSはこのような目的でも使うことができます。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.04.23

    挑戦の報告
  2. 2024.04.22

    痛みとは
PAGE TOP