筋肉が攣ってしまう

寝ていると明け方くらいにふくらはぎが攣ってしまい目がさめてしまう。このような話を聞いたことがある人は多いと思います。筋肉が攣ってしまった経験のある人なら解ることですが、とにかく痛いのひとことにつきます。筋肉が攣ってしまった時にどうすると痛みから早く解放されるのか。

筋肉が攣っている時は、筋肉が収縮したままの状態になり硬くなってしまっているので、普段の筋肉の状態に戻してあげると痛みが消えて楽になります。具体的には筋肉が収縮しているので、逆の動きを人為的に加えていけばいいので、筋肉を伸ばしましょう。攣って痛みを感じている筋肉にストレッチをかけて少し痛みに耐えているとスッと痛みが消えて、筋肉も普段の状態に戻ります。

しかし、痛みが消えてすぐに動き出したりとするとまた攣ってしまうので、痛みが無くなったあとは安静にしているほうが賢明です。

ふくらはぎが攣ってしまった時に、ストレッチをかけることは一人だからできないという場合は、ゆっくりと立ち上がり、攣っているほうの足に対して、アキレス腱伸ばしをすると上手くいきます。ただ、攣っている状態から解放されなるまでの間は痛みに対して我慢するしかありません。

攣った時の対応は分かったけれども、攣った時の痛みが、あまりにもつらいから攣らないように、予防の方法を知りたいと思うようになる人は多いです。

ここで一般的にいわれていることは

□筋肉の疲労によって起こる

□体温低下(筋温低下)によるもの

□食後などで筋肉への血流が不足している状態

□水分・ミネラル分不足など血液中の電解質バランスの乱れによるもの

などが要因になることが多いので、この項目に対して対策をしていきます。予防の初歩段階になります。

これらを試した結果、攣らなくなるのか、それとも、状況に変化がないのかを確認していきます。それでも攣ってしまうという時は、個人個人のバックボーンも含めて対策を立てることになります。このような時は専門家に相談してみましょう。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.02.22

    花粉症の対策
  2. 2024.02.21

    骨折
PAGE TOP