子供の膝痛

身体の痛みというとどうしても大人がメインになりがちですが、子供でも当然ながら身体に痛みが出ることはあります。子供が痛みを訴えるをよく成長痛だよと聞くこともあるのではないでしょうか。

今回は思春期前後の子供に起こる骨端線が痛くなるうちのひとつオスグットシュラッター病について紹介していきます。

この病気は膝のお皿の下にある骨が隆起して痛みや腫れが出てくる症状になります。だいたい中学生くらいに多いので身近な人にいる・いた、自分がなっているということもあると思います。

原因として考えられることは膝を伸ばす筋肉が脛骨粗面を引っ張り軟骨部が部分的に剥離します。これは一度の刺激によって起きるのではなく、繰り返しの機械的刺激によるもの推測されます。その結果、運動をしている時の走る・ジャンプ・しゃがむなど動作の繰り返しがリスクになっているといわれています。

オスグットシュラッター病についてはほとんどのが時間経過とともに痛みが消失し治っていきます。

痛みの対応方法としては運動をしている子達がおおいのでまずは一週間前後は患部を休ませて回復の時間を確保できるようにする。状態が重症かしないように心掛けます。この時点で痛みがほぼ消失または減少傾向ならば患部のアイシングやストレッチなど行うことで充分に回復していくと思います。炎症反応が確認できるケースも少なくないので治癒するまでに数週間から数カ月ようすることが多いです。

この症状を回避するポイントは予防になってくるだろうと推測されます。太ももの前側の筋肉の硬さによって脛骨粗面に負荷をかけてしまうことがきっかけになるという内容は原因のところでも出ましたが、この内容を考慮すれば大腿四頭筋の柔軟性は必要になります。この場所のストレッチなどで柔軟性は出すことは可能ですが身体の他の部位との連動を改善していかないと大腿四頭筋の柔軟性を継続させていくこと不十分ではと考えられます。

身体のバランスなどは専門家に一度は確認してもらいましょう。

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.04.23

    挑戦の報告
  2. 2024.04.22

    痛みとは
PAGE TOP