腰が痛む時に

腰の痛みでつらい思いをしている人は多く日本人の約2800万人といわれています。内訳として原因がわからないもの約85%・原因がわかっているもの約15%と発表されています。

実際、腰が痛くて動くことがつらいと感じている時は原因はあとでの説明でいいからこの痛みをどうにかして欲しいという場合は割と多いです。この時は急性腰痛いわゆるギックリ腰などが当てはまります。逆に慢性腰痛の時はあまりないと感じます。もちろん、相談者の性格によるところもあります。

ホントかウソか真相はわかりませんがギックリ腰は人生で一度は経験をするそうです。ギックリ腰について知識を深めていきましょう。

ギックリ腰になってしまうと痛めている箇所がジンジン・ピリピリなどの感覚と熱感を持ち合わせます。痛みを強く感じる為、体を動かしたり、姿勢を保持することが基本的に困難になります。

ギックリ腰になるきっかけは体をかがめる・荷物を持ち上げる・立ち上がるなど日常生活の何気ない動きでおきてしまいます。比較的なりやすい人の特徴は筋肉の柔軟性が少ない人や股関節や膝関節を効果的に動かせない人などに多い印象があります。

ギックリ腰になってしまった時の対処方法はじっとしていれば痛みはそれほど感じないはずなので、筋肉に負担のかかりにくい横向きの姿勢で安静にすることがセオリーになりますが、痛みを感じない楽な姿勢はその時の状況によっても多少の違いはあるので一番楽に感じる姿勢をとると覚えておきましょう。

ギックリ腰なって間もないうちは炎症を強く起こしているのでアイシングで痛みの緩和をはかります。この時に使用するものは氷水やアイスノンになります。冷感作用をうたっているものは冷えた感覚がするだけなので効果は低いと考えられます。アイシングをした後で消炎鎮痛のシップを使用すると効果的だと思います。

ギックリ腰の痛みはおおよそ2週間くらいで消失します。この期間でより早く回復を目指したり、生活のストレスを軽減させたりすることが慢性痛に移行させないために大切なので専門家に相談しましょう。

 

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.12.10

    子供の腰痛
PAGE TOP