滑液包炎って何

関節が痛い時と思った時に膝や肘などを確認すると腫れていると感じたり、水が溜まっていると思ったりします。

見た目で大きな変化があると心配になる人が多いので、このようなタイミングで病院や治療院など利用することになります。

部位は膝のことが多いように感じます。

特に思い当たる節がなくても痛みがあり、少し腫れている。

このような時は「炎症を起こしています。」と言われことが多いとはずです。

これを滑液包炎といいます。

滑液包とは骨・軟骨・靭帯などに接する間にある小さな袋になります。

この袋の中に少量の水が入っていて、関節など動きがある部分の摩擦を減らし、スムーズに動かすための手助けをしています。

この小さな袋が炎症を起こすと滑液包炎になります。

滑液包炎にも種類があります。

それは急性のものと慢性のものになります。

□急性滑液包炎 炎症の反応が強いので、関節を少し動かしたり、触れたりすると痛みが出る。

□慢性滑液包炎 急性滑液包炎や同じ場所に負荷を何度も繰り返すうちに動作時に痛みが出るようになる。

症状

□違和感

□腫れ

□痛み

原因は

□外傷 スポーツや事故などによって、患部に外力を受けた時に起こる

□運動 繰り返しの動作によって負荷がかかり起こる

このふたつは主な原因になっています。

□痛風 滑液包の高尿酸血症が進んでしまうことで引き起こされます。

□感染症 細菌感染で発症することもあります。

このように原因もさまざまであるので、治療は原因に合せて行う必要があります。

滑液包炎は繰り返しの動作によるもので引き起こされることが多いので、スポーツを良くしている人は少し注意が必要かもしれません。

スポーツをする時の基本的なことになりますが、ウォームアップとクールダウンをしっかり行い、体に休息をもたすことなります。

動いたあとに体に疲労が残ったままだと正確な体の動かし方ができなくなり、体によけいな負荷がかかってしまい滑液包炎を発症したり、その他のケガにつながることあります。

予防につながることはしっかりやりましょう。

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.06.09

    肘が痛い時
  2. 2024.06.08

    筋肉の役割
PAGE TOP