眼精疲労とは

現代社会で切っても切れないことのひとつに、スマホやPCなどのデバイスの使うことがあります。

好き嫌いは別にして、生活に浸透してきているので使わずに生活をしていくことは不可能に近くなってきています。

デバイスの画面を長時間見ていると目の疲れを感じることも少なくないと思います。

目の疲れは目を休ませれば疲れは取れていくので特に問題になることはありませんが、眼精疲労になってくると目を休ませても疲れは取れず、そこに付随しているさまざまな不快な症状が出てきます。

眼精疲労の主な症状

□頭痛 頭痛のメカニズムは完全に解明されていませんが、眼球や視覚系に器質的な異常や器質的に問題のない場合でも、目のピントを調整するのにストレスがかかってしまい内外眼筋に緊張が出てしまい緊張性頭痛などになることがある。

□目の充血 目の乾燥や疲労を回復させるために、血流がよくなり白目の部分の血管が広がって目が充血する。

□目の乾き 眼精疲労を感じている人は目の乾きを感じている人が多く、眼精疲労で目が乾くというより、目が乾くので眼精疲労になるといったパターンのほうが多いようです。目が乾くきっかけになることは、目の酷使・コンタクトレンズの使用・部屋の乾燥・涙の分泌量の減少などあげられます。

□首肩のコリ感 長時間スマホ・PCを見続けて、眼精疲労になる人が多く、この時は同じ姿勢で筋肉を緊張させてしまい首肩にコリ感が出てくることもあります。

□倦怠感 眼精疲労が続くと慢性的に疲労を感じるようになりに常にだるさがつきまとうようになることもあります。

症状を緩和させるための方法は

一番大切なの目を休ませてあげることになります。

これで感じている症状が緩和していくのか確認をしていきましょう。

その上で目のまわりのマッサージや目を温める・目薬を使うなどしていくと何をしてすると効果を得やすいのか分かりやすくなります。

しかし、疾患による眼精疲労の場合もあるので、対策をしても症状がいまいち改善していかない時は眼科などを受診してチェックをしましょう。

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.05.18

    足がむくむ
PAGE TOP