手に起こる疾患

整骨院や治療院によくある話だと思いますが、同じような症状の人が立て続けに来院してくるといったことがあります。

気のせいの部分もあるかもしれませんがよく言われています。

このような事を思い出したのは、たまたま手の痛みを相談してくる人が続いたことに加えて、久しぶりの来院だった人ということもあります。

そんなこともあったので手に起こる疾患について紹介をしていきます。

□ばね指 指の曲げ伸ばしがスムーズに出来なくなり、動きがカクカクするようになってきます。これが悪化してくると指が曲がったまま自力で動かせなくなります。また、痛みもともなうことが多いです。

□CM関節障害 手の親指の付け根の関節に変形が起こる症状になります。変形が酷くなると指を動かす時に痛みを感じるようになります。

□へバーデン結節 手指の第一関節に変形が起こり動かしにくくなったり、変形が進行している最中に痛みを感じる。

□マレット変形 手指の第一関節が曲がったままの状態になってしまう疾患になります。この疾患は二種類あり、腱が切れて起きるものと第一関節内で骨折が起きているものになります。

□デュピュトラン拘縮 手の平にできたコブの影響で指を伸ばすことができなくなってしまう。薬指や小指の部分に発生することが多い。

□ガングリオン 手や指に関節にしこりができる疾患になります。発生しやすい部位は手のひら側の親指や指の付け根になります。

□ドケルバン病 手の使い過ぎによって起こる腱鞘炎になります。親指が動かしにくい・動かすと痛いなどが主な症状になり、悪化してくると痛みで親指を動かすことができなくなる。

ここで紹介している疾患は代表的なものになります。

どの疾患にも言えることですが、手に痛みを感じている時は想像している以上に日常生活を送ることが不便になります。

だからこそ、痛みや不便を感じた時は、早期に回復できるように症状に対して有効な方法で対応していきたいと思います。

特に初めての症状のでは不安に感じることも多いと思うので、専門家に相談をしてみましょう。

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.05.18

    足がむくむ
PAGE TOP