足に起きる疾患

今の時代は体に痛みが出た時など知識がなくても検索をかけていくと情報が一気に出てくるのでなんとなく痛くなっている理由など理解しやすくなっています。原因と症状が一致していると疾患も予測しやすいです。しかし、上手く検索をすることが出来ないと知りたい情報にたどり着けなかったりもします。

今回は足に痛みを感じた時に考えられる代表的な疾患を紹介していきます。

□足底筋膜炎 足の裏にある筋膜や腱に繰り返し刺激が入ることで炎症を起こして痛みが出る。スポーツをしている人・中高年の立ち仕事をしている人に見られやすい症状。動き始めに痛みや出やすいく、酷くなると立っているだけでも痛む。

□母趾種子骨障害 足の親指の付け根の部分に極端な負担がかかると炎症を起こしたり、場合によっては種子骨という骨が割れることもある。そして、慢性的な痛みを引き起こします。

□疲労骨折 骨に繰り返し外力が加わり、骨折してしまうこと。ランニグ系のスポーツにみられやすい。

□ジョガーズフット 足の内側や裏側に痺れ感や痛みが生じる疾患になります。場所は踵の前あたりから痛みが出て足の親指から中指あたりまでの足の裏側にしびれるような症状が出ます。人によっては灼熱感も出るようです。ランナーによくみられます。

□足根管症候群 内くるぶしにある足根管という穴を通る神経が圧迫をしてしまい足に痛みやしびれが出ます。

□モートン病 足の中指と薬指の間の神経を圧迫してしまい痛みやしびれ・灼熱感などの神経症状が出ます。つま先側に体重がかかっている時間が長いと起こりやすいといわれいます。

足のみで起こり得る代表的な検索に出てきやすい疾患でもこれだけあります。疾患自体はもっとあります。そして、腰の神経から症状がでているものや内科的な疾患・循環器系の疾患など考えられます。細かく話を聞いていくとそれぞれに特徴的な症状があるので、そこを見極めながら治療や施術など症状を改善していくための方法をせんたくするので、症状がある時は一度専門家に相談することをおすすめします。

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.02.22

    花粉症の対策
  2. 2024.02.21

    骨折
PAGE TOP