カロリーについて

食事から摂る栄養は体にとって大切なことはよくわかっていると思います。

食事で1日に必要なカロリーや体をつくる為に必要な栄養を摂ることになるのですが、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れると太りすぎたり痩せすぎたりしてしまいます。バランスを保つためには消費するカロリーの目安を知る必要があります。

カロリーを消費するにあたり、基礎代謝を覚えましょう。これは生命を維持しているだけで消費するカロリーになります。

基礎代謝には主に2種類の計算式があります。

□ハリスベネティクト式 男性:66.47 + 13.75 × 体重kg + 5.0 × 身長cm – 6.76 × 年齢

女性:665.0 + 9.5 × 体重kg + 1.8 × 身長cm – 4.6 × 年齢

□ミフリンセイントジョー式 男性:10 × 体重kg + 6.25 × 身長cm – 5 × 年齢 + 5

女性:10 × 体重kg + 6.25 × 身長cm – 5 × 年齢 – 161

基礎代謝のピークは大体14〜17歳くらいがピークになり、年齢を重ねるごとに基礎代謝は減少していきます。そして、活動で消費するカロリーが加わって1日に消費するカロリーになります。

消費カロリーは個人差があることはわかると思いますが、推定での必要量の目安は年齢ごとにあります。

男性は2850〜2200kcal 女性は2300〜1750kcalになります。

ここを基準に考えていくと現代は高カロリーな食品があふれています。外食やコンビニなどのお弁当にはカロリーが表示されているので確認してみましょう。

上記のカロリーは気をつけないとあっという間に超えてしまいます。

カロリーを沢山とることは悪い事ではありませんが、摂取した分を消費しないと生活習慣病につながる可能性は非常に高くなります。カロリーを消費すること想像以上に難しいので無駄に摂らないことを意識したほう簡単だと思います。

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.12.10

    子供の腰痛
PAGE TOP