ジョギングやランニングを始めるにあたって

最近はマラソン大会も再開しているからなのか、走っている人をよくみかけます。

走ることは初期費用もあまりかけずに始めることが可能なので健康を維持する為の運動になります。

ジョギング・ランニングと両方とも走ることになりますが、違いとして運動強度によって呼び方が変わります。

目安として       運動強度             目的

ジョギング 約5.5㎞/h しゃべりながら走る事ができる 健康増進・準備運動

ランニング 約8.0㎞/h 息が切れる前後の感覚     レース出場・趣味

走ることを分けていくとこのようになります。

これから始めようと考えている人は何から手をつけていいのか、注意すること何かなど気になる事は意外とあると思います。長く続けられるように注意点などを紹介していきます。

一番はケガをしないことです。

これから始める人はいきなり早いスピードで走ることは現実的ではないので、ジョギングからになると考えられます。

運動経験ありなしで、知識の差があるかもしれませんが、動く準備をする為にストレッチを行いましょう。可能であれば、体を動かしながらおこなうダイナミックストレッチが運動の前に適していると言われています。もちろん、スタティックストレッチのほうが動きやすいと感じる人はこちらで構いません。

筋肉に柔軟性をもたせること・体を動かす準備ができてから、走り出しましょう。

これからの時期は気温がどんどん下がっていくので、体調管理も気を付ける点が出てきます。

□脱水症状 夏場と違い汗をかく自覚が少ないので水分補給がおろそかになります。冬場も脱水症状になる方は意外と多くいるので気をつけましょう。

□血圧 寒い季節は建物から外に出ると温度差があるので血圧が上昇します。この他にも心臓に負荷をかける要因があるので急激な変化をできるかぎり与えないように気をつけましょう。

整理してみると知っている事ばかりだとおもいますが、大切な事なのでしっかり覚えておきましょう。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.12.10

    子供の腰痛
PAGE TOP