しゃがむと膝が痛い②

しゃがむと膝が痛くなることを改善していく方法の選択は以前に膝が痛くなったことがあるorないで考えていくとスムーズに計画を立てやすくなります。

以前に膝が痛くなったことがる人の場合、治療や施術を受けて痛みが改善された方法と同じような施術を選択すると痛みの改善につながりやすいです。成功体験があると方法は心理的に安心して受けられるので改善効果につながりやすいこと、仮に改善が見られなくても納得はしてもらいやすいので、他の方法をうけいれやすくなります。心理的に拒絶している時は効果が見られない事がほとんどです。

膝が痛くなったことが初めての場合は、膝の状態や動きなどをトータルで評価をし、痛みの改善が期待できる確率の高いことから選択していきます。

器質的損傷は見られないが痛みを感じるている時には体の動かし方を変えていくと痛みの感じ方が大きく変化する可能性は高くなります。イメージとしては痛みを感じる場所に出来る限り刺激が加わらないようにします。動きを変えていくにはクセに気がつくことが必要になるので一人で行うことには難易度が高くなるので、専門家に相談することをお勧めします。

まずはご自身でセルフケアをして改善していくか。試してみたい人におすすめの方法。

しゃがむ時に曲げる関節は股関節・膝関節・足関節になります。この動作をする時に膝が体よりだいぶ前に出ている人が多いです。

このタイプに人は膝の関節が限界まで曲げられているが、股関節と足関節が曲げられていない人がケースが見受けられます。

なぜ、そのようになってしまうのかというと関節自体がかたくなってしまっていたり、関節を動かす筋肉がかたくなっているなどが挙げられます。

股関節の動きをよくするために、あぐらの姿勢で左右の足裏をあわせて膝を上下に動かしましょう。

足関節の動きをよくするために、座った体勢で足首を持ち、右回り・左回りに動かします。

これを行うと関節まわりの筋肉も多少は柔らかくなります。

変化がでなければ専門家に相談してみましょう。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.12.10

    子供の腰痛
PAGE TOP