立ち上がる時に腰が痛くなった

体が痛くなる時はほとんどの場合、動作を伴っています。動いていないのに急に痛みを体に感じたら内科的な分野で異常が起こっている可能性が高くなり、緊急性があるかもしれません。

緊急性のある痛みに遭遇することは人生で何度もないので知識と知っておき、もし、そのような場面に遭遇したら慌てずに対応しましょう。

動いた時に突如あらわれる痛みの代表と言えばギックリ腰ではないでしょうか。

きっかけになる動きは

□急に立ち上がる

□おもい物を持つ

□子供を抱き上げる

□くしゃみや咳をする

□不意に体をひねる・ねじる

□前かがみの姿勢から起き上がる

ギックリ腰になる時はこのような動きをした時になりやすく、予想しない時に突然襲ってきます。

このあとは動くことが難しくなります。

症状は動作をしようとすると強い痛みが出ます。

出来なくなる動作は

□体を反らせない

□寝返りができない

□椅子に座っていられない

□しゃがむことができない

□普通の速度であるけない

などがあります。

不幸にもギックリ腰になってしまった時は

痛みが和らぐもしくは痛みを感じない姿勢を保持して落ち着きましょう。

近くに人がいれば氷水など冷やすものを持ってきてもらい痛みを出している・熱をもっている箇所を10分前後くらい冷やしましょう。症状の軽減が期待できます。

ここまではギックリ腰の話になります。痛い箇所を教えてもらうのに触ってもらうと腰の筋肉を触れる事になります。なかには痛い箇所を触ってもらうと腰ではなく仙腸関節と呼ばれる場所を触れる人もいます。

痛くなるきっかけはギックリ腰の時と同じ、痛みを感じる動作も同じなので、ご本人はギックリ腰になってしまったと思っていても厳密には症状が類似しているだけで、痛みの原因は別ということもあります。

どちらの場合もゆっくりと時間をかけていくといずれは寛解していきます。早い回復を目指すのであれば、痛みを軽減させる応急処置し、患部に対して何かしら介入をしたほうがいつもの状態に戻りやすいです。

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.04.23

    挑戦の報告
  2. 2024.04.22

    痛みとは
PAGE TOP