天気が崩れる前は調子が悪い?

連日、全国各地で雨による被害があったり、警報が発令されて落ち着かない日々が続いていますが、

天気が崩れる前日や台風がやって来る前になると頭痛がする・古傷が痛むなど言う人がまわりにいませんか。いざ、雨が降ったり、台風が来ている時は辛さ減少しているようです。身体に影響を及ぼしているのは急激な気圧の変化が原因ではないかと言われています。そして、気圧を感知する器官が耳にあり、感受性豊かな人ほど敏感に反応するようです。

気候の変動によって体調が悪くなる事を気象病または天気痛といわれます。近年になって言われ始めた呼び名になり、およそ1000万人がこの症状に悩まされているのではないかとも言われています。

代表的な症状は

□頭痛

□めまい

□疲労感

□吐き気

□首や肩の凝り感

□喘息発作が出やすくなる

□狭心症の症状の悪化

などが挙げられます。

天気などの影響は外因的要因になり、身体の反応としては自律神経のバランスが崩れていると考えられます。

自律神経には交感神経と副交感神経がバランスを取り合って成り立ちます。交感神経は体を活発にし、副交感神経は体を休ませます。どちらかだけが働きすぎないように自律神経を整えていくことは大切になってきます。

自律神経が整う為に何をすればよいか。

日々のの積み重ねが大切になり、そして、自律神経が整いやすいようにします。

□質の良い睡眠をとる

□朝日を浴びる

□栄養バランスの良い食事をとる

□腸内環境を整える

□適度に体を動かす

□リラックスできる環境をつくる

上記の項目を見ていくと体に刺激を入れること休ませることの両方が入っています。この項目は自律神経を整える為だけでなく、生活習慣の改善にも役立ちます。

ちょっとした意識で今まで敏感に反応していた天候の変化で辛くなる症状が和らいでいく可能性が出てきます。

それでも辛い時は我慢せずに薬を利用することいいのではないでしょうか。

薬があるというだけでも妙なプレッシャーを回避できるかもしれません。

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.08.17

    シップ
PAGE TOP