特異的腰痛・非特異的腰痛

全国で腰痛に悩んでいる人は約2800万人に達し4人に1人が悩んでいる事になります。(国民生活基礎調査)

腰痛といっても急性の痛みから慢性の痛みまで痛みの方や種類も色々あります。

年代で見ていくと40代〜60代までの割合が多く女性のほうが発症する比率は高いようです。

腰痛になるきっかけは作業関連の割合が多いようです。つまり職業に関係していることになります。職業の分類は社会福祉施設・小売業・道路貨物運送業・医療保険業が多いようです。またスポーツ障害としても多い部位になっています。

腰痛は特異的腰痛と非特異的腰痛に分けられます。原因が特定できる腰痛が15%で特異的腰痛になり、それ以外は85%で非特異的腰痛になります。ここで言う原因とは神経を圧迫していることや骨折などになります。PCやスマホで腰痛の改善などを検索をした時によく出てくる腰痛の原因は姿勢・骨盤の歪み・筋力の低下などはと言われる腰痛に分類されるものはすべて非特異的腰痛になります。

腰痛を改善するにあたって原因が特定出来ている物に対してはまずは原因に対して対処していきます。痛みを改善していく時に難しいことは原因と考えられている事が100%の痛みになっているとは限らないことです。

これが何を言いたいのかというと、

例えば、腰椎椎間板ヘルニアで手術を行って痛みが取れます。ヘルニアは除去されているので今まで感じていた痛みの原因はなくなっているので痛みはゼロになるはずです。なかには痛みが全部は取れない人もいます。残っている痛みはどこからきているのかとなります。

画像検査でヘルニアなどが確認されても必ず痛みに関連するわけではないという研究結果もあります。

色々な可能性を考慮していくと、痛みを改善させていくためには、特異的腰痛・非特異的腰痛の枠にこだわりすぎないほうがよさそうです。

特異的腰痛は器質的損傷がはっきりしているので筋力低下や麻痺症状がある時は専門医に相談しなければなりません。

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.08.17

    シップ
PAGE TOP