ギックリ腰とは

ギックリ腰と聞いた時に痛みの感覚が思い浮かんだ人でまたギックリ腰になりたいと思う人いないでしょう。なった事の無い人はギックリ腰の辛さを経験しないでいられたらそれが一番いいです。

ギックリ腰(急性腰痛症)はどんな状態になっているのか。

簡単にまとめてしまうと腰に強い痛みを感じて動くたびに痛みが走る。または、動けないほどの強い痛みが腰に出てきます。何かきっかけがありこの様な痛みが出た時にギックリ腰と言われます。

ギックリ腰は起因する動作が必ずあります。もし、一ミリも動いていないのに突然ギックリ腰のような強い痛みが出てきた時は重大な疾患が隠れいる可能性高くなるので様子をみたりする事なく病院にいくなり、救急車を呼ぶなどの行動を起こしましょう。

ギックリ腰の痛みはどのようにして起きているのかと言うと腰関連している筋肉や関節などの一部に生じた炎症が原因と言われていますが正確にはわかっていません。このような結果になる理由はレントゲン・CT・MRIなどの画像検査をしても異常を捉える事が出来ないからになります。

ギックリ腰自体の痛みを緩和させていく方法はいくつもあるので痛みの状態によって改善の確率が高い方法がせんたくされていきます。

一度ギックリ腰になってしまうと大変なので、予防しておくとなってしまう可能性を低くできます。

ギックリ腰になりやすい人の特徴を考えると運動習慣の乏しい人や重い荷物を運ぶことが多い仕事の人に腰の筋肉が硬い人は比較的多いと感じます。

ギックリ腰になりやすい人の特徴を踏まえると体を日ごろから動かす事、筋肉に柔軟性を持たせることがよいと考えられます。

ラジオ体操やストレッチなどを習慣化していき、身体を冷やさないように気を付けていきましょう。この他にも腰に負担をかけない動かし方を身に付けたりする事もいいと思います。

これらを行ったからと言って絶対にギックリ腰にならないわけではありませんが身体を良い状態に保つことは大切です。

 

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.08.17

    シップ
PAGE TOP