熱中症対策(ハウツー)

今年の梅雨明けは驚くほど早い段階での宣言になりました。身体の準備をする暇もなく暑い日に変わってしまいました。このようになってくると気を付けなければならい事は熱中症になってきます。

気温の急激な変化に身体が慣れてくるにはどうしてもある一定の期間は必要になってきます。

これを暑熱順化といいます。暑熱順化では身体に何が起きるのかというと、体内に蓄積される熱を体外に排出する事がうまく出来るようになります。その為の期間が約二週間くらいかかります。スムーズに順応していくには汗をかくことが大切です。現状は気温も急に高くなってしまっているので意図的に汗をかくことも難しくなっていますが、熱中症にならないように汗をかくことで順応していく方法としては

□湯舟に長くつかる

□ストレッチ・筋トレ

□気温が上昇している時間を避けウォーキング・ランニングをする

など行っていくと暑熱順化しやすくなり熱中症になるリスクを早く回避出来るようになります。

室内と屋外どちらでも行うことは可能なので無理のない範囲で行っていくことをお勧めします。

ここまでは身体が暑さに適応するための方法になります。

ここからは予防(対処)する為の方法を紹介していきます。

□水分補給 のどが渇いていなくてもこまめに水分は摂る

□塩分補給 汗で失った分を補給する

□睡眠をしっかりとる 睡眠環境を整える。通気性・吸水性のよい寝具を利用する。エアコン・扇風機を利用する。寝苦しくならないようしていきます。

□気温と湿度を気にする 自分のいる環境を整えて両方が高くなりすぎないようにする

□室温注意 暑さを我慢しない。冷房が苦手な人は薄い上着などを利用した方が室内での熱中症を防ぎやすくなります。

□衣服の工夫 通気性のよい生地や速乾性のあるものを利用する

□日差しを避ける 日傘・帽子など使用して直射日光を避ける

□冷却グッズを利用する 首や太ももの付け根を冷やすと身体を冷やすことができます。この時使用するアイテムが冷却出来るものか。それとも冷感なのかは注意する。

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.08.17

    シップ
PAGE TOP