腰部脊柱管狭窄症

腰の痛い人が知り合いにいたりすると、

「狭窄症だ」「ヘルニアだ」と話している場面に遭遇した事があるのではないでしょうか。

腰の痛みで腰のレントゲンを撮影した事がある人からのお話を聞く機会は割と多いほうだと思います。多くの方が、狭窄症の可能性があるよ。ヘルニアの一歩手前だよ。などと言われたと教えてくれます。

こうなってくると腰が痛い=狭窄症やヘルニアだと思ってしまう人も一定数出てきますが、他の疾患の可能性もあります。

ここでは狭窄症について解説していきます。

ここで言う狭窄症とは腰の話をしているので、

疾患名は腰部脊柱管狭窄症

症状として腰や下肢(足)に痛みやしびれを訴えている方が多いです。一番の特徴は間欠性跛行になります。どのような状態なのか。いつも通り歩いていると腰や下肢に痛みが出てき歩けなくなります。しかし、座ったり、腰を丸めたりして休むとまた歩けるようになります。

歩く→休む→歩く→休むを繰り返します。症状が悪化するほど歩く時間が短くなっていきます。

症状が自分の状態と一緒だと思った方は、別の視点からもチェックしてみましょう。

自転車に乗っている時やスーパーなどで使う買い物カートを押している時などは

痛みやしびれを感じない。又は、痛みやしびれが増えない

このふたつパターンが両方当てはまったら腰部脊柱管狭窄症の可能性がかなり高くなるので、

専門医を受診する事をお勧めします。

なぜ、ふたつのパターンが当てはまる必要があるのか。

間欠性跛行を症状とする代表的な疾患が

腰部脊柱管狭窄症のように神経からくるものと血管を原因とするものがあるからです。

腰の神経と血管だと、受診する科が変わってきます。誰でも最短で適切な科を受診できた方がいいと思うので、腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行を確認できるパターンを知っておくといいのではないでしょう。

ちなみに腰部脊柱管狭窄症の場合は整形外科、血管の場合は循環器内科を受診すれば見当違いという事はないです。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.05.18

    足がむくむ
PAGE TOP