腰椎椎間板ヘルニア

腰が痛いと身近な人に相談すると「ヘルニアでは」と言われたりすることも多いようです。

ヘルニアは腰の痛みの事と思っている方が意外と多くいますが、ヘルニアで検索をしても腰が多く目につきます。それだけ、腰の痛みで悩んでいる方が多いという事だと思います。

ヘルニアの意味は臓器の一部が本来あるべき腔から逸脱した状態の事を指します。○○ヘルニアと部位を頭に入れて呼ぶと誰にでも通じます。

腰椎椎間板ヘルニアで皆さんを苦しめている症状はどの様なものなのか。腰や臀部(おしり)の痛み。下肢(足全体)に放散痛やしびれがあります。

今、感じている痛みが腰椎椎間板ヘルニアの可能性があるのか。調べていく為に、腱反射・筋力の力の入り具合・感覚の確認などや神経を圧迫するテストなどを行い可能性を診ていきます。

整骨院や治療院などの場合は診断は出来ないので、疑わしい時は専門医にご紹介します。

腰椎椎間板ヘルニアの確定診断にはMRIの結果が必要なようです。

仮に診断が確定したとするとおそらく心配事として挙がってくる事は手術になるかならないかではないでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症と腰の神経を圧迫して起きている症状で両方とも手術をしなければならない基準があるようです。

どの様な時か。

足が麻痺をして動かせない。排尿障害が出てしまっている。このような場合、待ったなしで手術になるようです。早く手術を行い原因を取り除かないと障害が残ってしまう事が理由のようです。

このケース以外になると始めは保存療法が選択されます。

筋肉を緩める・腰の牽引・運動療法など色々あります。痛みが強い時にはコルセットを使用する事をお勧めします。

痛みを無くすよりも、痛みを減らす、そして生活の質を上げていく事を基準にした方が結果として前向きに頑張っていけるようです。

なぜか。痛みを基準にすると痛みが減った直後は良くなったと実感できますが、その痛みの時間が長くなると生活の質が上がっていても痛みに意識が強く向いてしまうので気持ちが沈みやすくなります。

前向きに治療と向き合う事は大切な方法です。

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

PAGE TOP