頭痛②

前回は「生命に危険がある」頭痛について紹介しました。

今回はよくある頭痛からあまり遭遇することはほぼないが知っておいたほうがいい頭痛を紹介していきます。

よくある頭痛としては

偏頭痛・筋収縮性頭痛・良性の慢性頭痛

どのような特徴があるか確認していきます。

偏頭痛→血管が腫れて血液が流れると拍動に合わせるように痛みます。頭にある動脈に圧迫を加えると痛みが瞬時に止ります。

筋収縮性頭痛→首や肩が凝った感じがし、頭を締め付けられる頭痛

良性の慢性頭痛→身体要因・心理要因・環境要因がきっかけになる頭痛。全ての方がこの要因で頭痛になるわけではありません。なりやすいタイプ神経質な完璧主義・内向的孤立型・趣味がない一途型など

頭痛を訴える方の約90%は生命に危険がない頭痛です。

頭痛の危険度は痛みの度合いではなく、病態を予測する事が危険回避に繋がります。

特に注意が必要となる方は、いわゆる頭痛持ちと言われる方になるのではないでしょうか。

頭痛の痛みに慣れている事で、危険な頭痛のポイントがあったとしても見逃してしまう事が考えられます。

ここまでに紹介していない頭痛で慢性硬膜下血腫と言われるものがあります。

どの様にして起きるかと言うと「転んで頭をうった」「頭どこかにコツンとぶつける」などがあって

頭の中で微細な出血があり時間が経過してから片麻痺や失語症が出てきたり頭痛出たりします。

脳自体を圧迫するので頭痛以外の症状も出てくる可能性は高いです。

派手に転んだりして、頭をぶつけない限り本人以外は家族でも知らないことは多々あります。

恥ずかしさで申告がないと発見が遅れる可能性が出てくるので、脳外科を受診した時はしっかり申告しましょう。

痛みが強いと実際痛みが起きている時間が正確ではない場合があります。

神経痛による頭痛の場合は痛みは30秒以上続きません。

続くときは偏頭痛や筋収縮性頭痛に落ち着くことがほとんどになります。

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2021.09.02

    ダイエット
  2. 2021.09.01

    めまい
  3. 2021.08.31

    頭痛②
  4. 2021.08.30

    頭痛
PAGE TOP