ストレッチ

「生活習慣病やケガの予防の為に運動・セルフケアを行いましょう。」と最近はよく耳にしませんか。

そして、身体は動かした方が良いという事はわかっているけれど、

何から始めればいいか分からないという方には「ストレッチ」をおすすめします。

なぜ、ストレッチなのかと言うと。

一般的にストレッチと言う言葉は知られているので、どのようなことをするかイメージが湧きやすい。

□自宅で出来るので天候に左右されない。

□コストがかからない

□息が上がらない などが挙げられます。

効果としては

□血行が良くなる

□リラックス効果

□柔軟性のアップ など

ストレッチにも種類があります。

□スタティックストレッチ 静的ストレッチ ゆっくりと筋肉を伸ばして行う

□ダイナミックストレッチ 動的ストレッチと呼ばれ、筋肉の相反抑制の作用

□バリスティックストレッチ 動的ストレッチと呼ばれ、伸張反射を利用

□徒手抵抗ストレッチ 2人組で行い筋肉抵抗かけて行うストレッチ

ざっくりとですが、

ストレッチの効果と種類を紹介しました。

初めて耳にするストレッチもあったかもしれませんが、

健康のために身体を動かし始めたく、気軽に出来ると考えたら

スタティックストレッチの一択でいいと思います。

行う時間帯は基本的にいつでもいいと思います。

隙間時間で少しずつ出来る手軽なストレッチから始めましょう。

時間帯を決めた方が、継続しやすいという方は

起床時・就寝前など大雑把でいいのでこのあたりストレッチをすると決めましょう。

ここで重要な事は毎日少しでもいいので継続する事です。

習慣化できると身体を動かす事が苦ではなくなってきます。

身体を適度に動かす事により、

食事が美味しくなったり、睡眠の質があがるなど身体や気持ちにいい変化現れてきます。

何かを始める時は始める事が何よりも大変ですが、

始めた後の身体の変化を想像しながら、ストレッチをしてみてはいかがでしょうか。

始めてどうしても嫌だったらやめてもいいと思います。

 

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2021.09.02

    ダイエット
  2. 2021.09.01

    めまい
  3. 2021.08.31

    頭痛②
  4. 2021.08.30

    頭痛
PAGE TOP