暑熱順化を上手くしよう

例年以上に今年の夏は暑くなると予想されています。

ここ数年は毎年このようなことがいわれています。

もちろん肌感覚でも気温を確認しても暑いことは間違いありません。

必然的に暑さ対策などをすることになります。

その第一段階として、気温が高くなり始めるころに体が熱さに適応していけるように慣れていくことが大切になります。

これを暑熱順化といいます。

暑熱順化は大切なことで熱中症を防ぐためのプロセスになります。

熱中症は体に熱がこもってしまい体調を崩してしまいます。

しかし、暑熱順化により暑さに適応していくと汗をかいたり、皮膚の血流量が増加したりして体から熱を放散できるようになっていきます。そうすることによって体温調節が上手くできるようになり熱中症を防げるようになります。

実際に暑さに体が慣れていくには、個人差があるとはいえ概ね二週間前後くらいの期間をみていたほうがいいようです。

この事実から気をつけたいことは、最近の気温の傾向として夏になる前から、突然、真夏日になったりする日もあるので、体を慣らす期間をとれずに暑い日を迎え入れることもあります。

そのような日は、特に水分補給や涼しい場所を利用するなど心掛けたほうがいいです。

暑熱順化をスムーズにできるようにするためには習慣も大切になってきます。

普段からウォーキング・ランニング・サイクリング・その他の適度な運動を行ったり、毎日湯舟に浸かったりすることをおすすめします。

これらの共通点は適度に汗をかいて、体から熱を放出する訓練をしておくことになります。

普段から汗をかいて体温調節をできるようにしておくと暑さの強弱だけになるので、対処の仕方を間違えなければ熱中症になる可能性は低くなります。

暑熱順化は環境に体が慣れることなので、一度適応できるようになったとしたも、涼しい日が続いたりすると暑さに適応できていない状態に戻ることもあるので、暑さに対して怖がる必要はありませんが、油断はしないようにしましょう。

 

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.06.09

    肘が痛い時
  2. 2024.06.08

    筋肉の役割
PAGE TOP