筋肉痛との付き合い方

久しぶりに運動をしたりすると翌日以降に体が痛くなる筋肉痛。

この経験をしたことがある人は多いと思います。

筋肉痛はよく知られていますが運動した後の筋肉の痛みくらいの認識でケガとの線引きがわかっていなかったりするので筋肉痛について紹介していきます。

筋肉痛の症状は運動後に現れます。筋肉に対して普段以上の刺激が加わる運動や繰り返しの運動時間が長くなると運動後8時間から48時間くらいの間で筋肉に痛みを感じる事を遅発性筋肉痛と呼ばれています。痛みのは1から3日くらいでピークになり1週間も経てばほぼなくなります。

この他にも筋肉痛が起きることがあります。旅行や買い物などで普段よりも、たくさん歩いたり・階段の上り下りをした後でも筋肉痛は起きます。このような経験をしたことがある人もいると思います。

筋肉痛が起きるひとつの要素としは普段使っていない筋肉に対して一定以上の刺激が加わることになります。

筋肉痛の病態生理学ははっきりとしていないようです。現時点では筋肉の動かす強度や時間などにより筋肉を動かし終えた時に筋繊維などの組織に微細な傷ができ修復をする過程での痛みではないかと考えられています。

筋肉痛になってしまった時に早く回復させるためにできること

□体を休息をあたえる

□ストレッチをおこなう

□やさしくマッサージをする

□湯舟に入り疲労をとりのぞく

□軽い運動やトレーニングをおこなう

これらをおこなうと何もしないよりも筋肉痛の回復が期待できます。共通していることは痛みを感じている部分の損傷している筋繊維の血行をよくするもしくはホルモンの作用を活用することになります。

予防するためには

普段から体を動かしておくことになります。どのくらい量を動かすのかは求める内容により異なってきます。目安として1日6000〜8000歩くらい歩くと約7〜10㎞になります。

そうすると旅行や買い物でたくさん歩いたとしても対応できる体になっているのではないでしょうか。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.12.10

    子供の腰痛
PAGE TOP