慢性腰痛の理屈

腰が痛くて悩んでいる人は多いです。腰痛に効く○○など数え切れないほどの情報があります。

腰が痛くて悩んでいる人なら痛くなる原因を探し求めて改善策を見つけようとしているのではないでしょうか。

腰痛といっても、急性痛(亜急性)・慢性痛に分ける事ができます。

原因がはっきりとわかる腰痛は急性痛といわれるものになり、原因がはっきりしないもしくはわからないものは慢性痛として問題ないと思います。

身体の痛みや辛さで共通している事は重大な疾患が隠れていないかを否定した上で慢性痛と向き合っていかなければなりません。

しかし、腰痛で苦しんでいる人の大半は慢性的です。

慢性痛を改善するための心得として痛みをゼロにする思考を一旦捨てたほうが最終的にいい結果に繋がると考えています。

なぜかというと慢性痛を改善させる時の基本的な考えに日常生活支障を来さないようにするとあります。これは慢性痛の特徴として原因はわからないからになります。よく何十年前に痛めた理由がずっと続いているという人数多くいますが、その時に感じた痛みが途切れることなくずっと続いている人はひとりもいません。

当時、器質的損傷があったとしてもその損傷は確実に回復しています。しかし、痛みを感じている最中に降りかかってくるストレスにより痛みの理由が複雑になっていきます。このストレスが何重にも重なり時間が経過していくので何十年前に痛めた事がきっかけになったという事になります。

小難しい話ですがかなり重要です。

いくら筋肉や骨格だけに原因を求めても結果は治るとならないわけです。だから、薬にしても、施術にしても効果には個人差がありますとなります。

個人差は行った方法がその人にとって適用するものではなかったという事実がわかったということです。方法は施術・運動・食事・カウンセリングなど沢山あります。あきらめずに適応する方法を粘りづよく探していくほかありません。もちろん何十年ものつらさがタイミングによっては一瞬で解消してしまうこともあります。

 

 

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.07.03

    防災対策
  2. 2022.07.02

    EMSの特徴
PAGE TOP