背中の痛み

はっきりと何かをした時に痛くなってしまった訳ではないが、痛みが背中にある。このような時は不安になる方が多くいます。

おおまかに背中の場所によって疾患の分類があります。100%リンクする訳ではありませんが知っておくといいと思います。

□背中真ん中 急性大動脈解離・心筋梗塞・椎間板ヘルニア

□背中左上(左肩甲骨) 狭心症・心筋梗塞

□背中右上(右肩甲骨) 十二指腸潰瘍

□背中左下 腎盂炎・腎結石・尿管結石

□背中右下 腎盂炎・腎結石・尿管結石

□背中真ん中下 急性膵炎・膵臓がん・慢性膵炎

ざっくりとこの様に分けられます。

疾患名も生命に即関わるもの〜慢性的に痛みを感じるものまで色々あります。

確かに今までにない強い痛みのものほど生命に関わる疾患の可能性が高いと思われるので救急車を呼ぶなどの行動になるでしょうが、生命に関わる疾患だとしても整骨院や治療院に来院出来るくらいの痛みもあるので痛みの強さ+痛みの場所で総合的に考えながら受診先を選択するといいと思います。

どうしてよいか分からない時は救急相談センターに電話で聞いてみましょう。#7119になります。検索をかけるとこの番号が出てきます。

身体のどこの部位でもありえて、好発部位が胸から背中にかけて痛みを出す疾患があります。

これは帯状疱疹と言います。通常は湿疹を伴うで皮膚科やペインクリニックを受診すると思うのですが、初期症状ではチクチクやズキズキする痛みを出し湿疹が出ていない事もあるので、整骨院や治療院に来られる方も多くいます。

原因はウイルスになります。多くの方は子供の頃に水疱瘡にかかりその時のウイルスが身体の中に潜んでいます。普段は免疫力によってウイルスの活動を抑えられていますが、加齢やストレス・病気などで免疫力が低下してくるとウイルスの活動が活発になり帯状疱疹となり現れます。

出来る限り早期に治療を開始する事で痛みを長引かせない事が大切になります。神経にダメージが残ってしまう痛みがなかなか消えない帯状疱疹後神経痛になる事もあります。

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.05.18

    足がむくむ
PAGE TOP