腰痛を治す手段

腰痛で悩んでいる人は多く全国で約2800万人いるといわれています。

痛み方は人それぞれだと思いますが、腰痛の原因に着目すると特異的腰痛と非特異的腰痛に分けることができます。

特異的腰痛 腰にあきらかな器質的損傷がみられるもの

非特異的腰痛 腰にあきらかな器質的損傷がみられないもの

特異的腰痛であるとはっきりとした診断名がつきますが、非特異的腰痛だと原因が分からなかったり、診断がしずらい症状になります。

腰痛の約85%は非特異的腰痛といわれています。

なぜ、腰に痛みが出るのかはっきりしない状態になります。

しかし、世の中には痛みを取り除く方法がいろいろと紹介されています。

どの方法も効果の出る人出ない人がいるので、自分に合ったものを見つけましょうとなってしまいます。

良く知れ渡っている方法は効果を感じた人が多い可能性が高くなるので、ここからは腰痛の解消方法をいくつか紹介していきます。

□姿勢を正しくする 普段の生活で腰の筋肉に緊張をしいる姿勢をしている人は、腰に負担の掛からない正しい姿勢をすることで、腰に無駄な緊張をさせないようにする。

□骨盤矯正 骨盤は左右対称という考えから、左右対称から逸脱してしまった歪みのある骨盤を元の正しい位置に調整していく方法。

□鍼 鍼治療をすることでこわばった腰の筋肉を柔らかい本来の筋肉の状態に戻していく方法。筋肉や細胞組織を傷つけて自然治癒力を活性化させることで痛みを緩和します。

□マッサージ 硬くなった腰の筋肉をマッサージで柔らかくしていく血流がよくなり、栄養や酸素が送られやすくなり痛みの緩和が期待できます。

□筋力トレーニング 腰を支える筋肉が上手く働いていないと外側の筋肉ばかりに負担が掛かってしまい腰が痛くなってしまうので、腰を支える筋肉を今までもよりも働くようにトレーニングをすると外側の筋肉に大きな負担が掛かっている状態を分散できるようになり痛みが緩和する。

□運動 体を動かす時に腰に負担をかける動作が当たり前になっているので、このクセを取り除く運動をすると痛みが緩和していく。

このような方法から効果のあるものを選ぶのひとつです。

組み合わせて行うなど刺激のパターンいくつもあります。

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.06.09

    肘が痛い時
  2. 2024.06.08

    筋肉の役割
PAGE TOP