肩こり改善方法

前回は肩こりの原因になることや症状が無ければ筋肉が硬くても気にしないでいいですよという内容でした。皆さんが一番知りたい事は症状をどうすれば軽減できるのか。またはどうやって予防すればいいのかということを知りたいと思うのでいくつかピックアップして紹介をしていきます。

ここで肩こりの症状の改善が見込める方法は前提として筋肉が硬くなり血行が悪くなっていることが主な要因となっているケースになるので、筋肉を柔らかくした結果症状が改善していくことが多いです。

□マッサージをする 筋肉を柔らかくするために硬くなった筋肉を揉みほぐしたりして筋肉の緊張を取っていきます。硬くなる前に、定期的なマッサージをすることで筋肉を良い状態でキープする事が出来ます。そうすると症状が出にくくなります。セルフケアでマッサージ機や手など行うもよし。施術を受けてもいいと思います。

□つらい場所を温める つらく感じている場所を温めます。メジャーな方法は40℃くらいの湯舟にゆっくりと浸かる。蒸しタオルをつらい場所にあてる。ホッカイロをつらい場所にあてるなどして血行を良くしていき筋肉の緊張を取っていくと症状が軽快していきます。

□身体を動かす 体を適度に動かすと筋肉が柔らかくなり関節の動きが広くなります。そうすると柔軟性のある筋肉をキープしやすくなるので血行のよさも維持しやすくなります。運動の目安は週に2〜3日で30分前後無理なく身体を動かせると良いと思います。

□ストレッチをする つらいと感じている筋肉をゆっくりと伸ばしていきます。伸ばす範囲は心地よく感じるくらいで調度良いです。特に同じ姿勢が続いた後に行うと効果を感じやすいです。

これらはセルフケアで自分でも行うことが可能なものになります。硬い筋肉を柔らかくして血行を良くしていくことをすると楽になっていくことが多いのでコツコツ続けていい状態の体作りをしていきましょう。それでも変化を感じない時は専門家に相談をしましょう。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.02.22

    花粉症の対策
  2. 2024.02.21

    骨折
  3. 2024.02.19

    痛みを知る
PAGE TOP