膝の痛みは複雑

膝の痛みに関連する商品やCMをよく見にしませんか。

サプリメント・書籍・サポーターなどを利用している人も多いでしょう。また、同じ膝の悩みを抱えている人からグッズなどをすすめられた事のある人もいると思います。

よくある事ですが膝が同じように痛むからといってもAさんに効果の出た方法がBさんにも同じように効果が出るかというと効果のないこともあります。これは膝と箇所がたとえ同じだとしても痛みに関与している原因や要因も同じだとは限らないからになります。

膝を構成する骨・靭帯・筋肉などはたくさんあり痛みの震源を特定することも容易ではありません。下記の図を参考にしてもらうと膝の構造がイメージしやすいです。

当然ですが、膝の痛みにも疾患名があります。一部を紹介します。

□変形性膝関節症

□半月板損傷

□膝靭帯損傷

□骨折・脱臼

□オスグット

□関節リウマチ

などがあります。

上記の疾患から考えても原因・要因は同じでないとわかります。

年齢によっても痛みの特徴があります。高齢者が「膝が痛い」と会話している所に遭遇すると変形性膝関節症の話をしている事が多いです。小中学生の親御さんが膝の話をする時はオスグットや半月板損傷などの会話になりやすいです。

痛みが強い時に誰でも気になる事が手術が必要になるのか。保存療法で大丈夫なのか。と言う点があります。どんなケースでも手術が必要になるかの基準になる事は、日常生活を送る質が下がってしまうかどうか。ここがポイントになります。問題なしとなれば保存療法で痛みの改善に取り組みます。もちろん保存療法で結果が伴わない場合は手術をしましょうと進めていく事もあると思います。

痛みを改善する為には個別性がすごく大切になります。

情報は簡単に色々と入るので得た知識で効果を出す為に、正確に行ったり、行うタイミングがあります。大衆向けに発信されている情報は一般論で個別に合せていないので、得た知識をうまく活用する為に一度専門家に確認してから行うとより効果的に行える可能性が高くなります。

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2022.08.17

    シップ
PAGE TOP