成長期の腰痛

スポーツをやっている思春期から成長期の比較的若い年代で腰の痛みを訴えている時、特に腰を反らして痛む時はしっかりと検査を受けましょう。

なぜなら、成長期の骨はまだ完全に固まってなく成人の骨に比べると柔らかい状態になります。特に腰を反る動作が多いスポーツ(野球・バレーボール・水泳・ダンスなど)によって一部の骨に負荷が加わり腰の疲労骨折(骨が分離)してしまうことがあります。

しかし、痛みが出た時に適切に対応すれば疲労骨折(分離)している部分はくっつき元にもどっていきますが、時期を逃すと疲労骨折した部分が偽関節になり分離したままになってしまいます。

腰に痛みを感じている時は痛みの度合いに関係なく医療機関で腰のチェックを受け、腰の状態によってはコルセットで固定する必要は無く腰に負担をかけないようにしていく事で痛みも改善していきます。

予防をする為に大切な事は各スポーツで動きの特性が違うのでフォームについてここで言及することは出来ませんが身体全体がしなやかに動かせるようにしていき一部の骨に負担をかけない動きをみにつけていく事が大切になってきます。

この年代の腰痛の他の原因で多いものは腰椎椎間板ヘルニアや筋筋膜性腰痛などもあります。

気を付けておきたい腰痛は腰椎椎間板ヘルニアではないでしょうか。

症状に痛み・シビレが出ているのか。筋力低下は起きていないかをチェックします。

筋力低下がなければ、ほとんどのケースで保存療法が選択されることが多くなります。

エクササイズとしてはインナーマッスルを鍛えたり、ストレッチによる筋肉柔軟性を上げていくことで症状の改善を目指していきます。

スポーツが起因となる腰痛で器質的損傷がない場合は腰に痛みが出る動きからスクリーニングを行い、患部自体に弱点があるのか。それとも患部以外の筋肉が上手く働かせる事が出来ない結果として患部に負担をかけるのかを見極めていくと改善する確率が上がります。

 

 

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.05.18

    足がむくむ
PAGE TOP