股関節が痛い時

痛みは体のいろいろな場所に現れます。

痛みの現れた場所によっても、悩みが変わってるくので気をつけることなども違います。

今回は股関節の痛みにが現れた時の疾患などについて紹介していきます。

股関節が痛いと訴えや相談があった時は意外と股関節自体の痛みだけではその周辺までの範囲が含まれてくることが多いです。

このあたりに痛みが出てくると日常生活に支障が出ることも少なくありません。

なぜなら、股関節は歩く・走るなど体を移動させる時に必ず使う重要な場所にあるからです。

どんな疾患があるのか代表的なものを紹介します。

□変形性膝関節症 股関節の軟骨が摩耗して、骨が変形や損傷してしまい痛みを引き起こす慢性的な疾患になります。使い過ぎによって起こることや病気が原因となることもあります。

□リウマチ性股関節症 関節リウマチと呼ばれる自己免疫疾患によって起こる痛みが股関節に現れます。

□大腿骨頭壊死 股関節を形成する大腿骨頭に血流障害が起こり骨壊死になり痛みが急に出てきます。

□股関節寛骨臼インピジメント 関節唇などに損傷が生じることで、股関節が滑らかに動かずに痛みが股関節の前方に出ます。

□骨折 高齢者の転倒で起こることが多く、骨粗しょう症が背景に存在していることが多いです。

などがあります。

ここで紹介したもの使い過ぎによるもの・病気によるものがあるので治療方法も同じではありません。

しかし、痛みを感じた初期段階で対応方法は以下のことをすると痛みが和らいでいくかもしれません。

□安静 動くことで痛みを増悪させないように動かずに安静にする。

□アイシング 痛みが強い・捻ったなどケガをした直後は冷やすことによって痛みや腫れを抑えることができる。

□薬物療法 湿布など貼る

これをおこなうことで痛みが取れいってしまうこともあります。

その後、痛みをぶり返すことがなければ心配する必要はありません。

しかし、痛みが取れない・取り切れないといった場合は専門家に一度は確認してもらいましょう。

診療時間

お越しの際は

横浜市中区本牧町2丁目284-16
【アクセス】
JR線「山手」駅より徒歩17分
JR線「石川町」駅よりバス10分
【お車でお越しの場合】
当院前の本牧通り
11:00~15:00まで駐車可です。
 

院長のヒトリゴト

  1. 2024.06.09

    肘が痛い時
  2. 2024.06.08

    筋肉の役割
PAGE TOP